最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
リンク
ブログ内検索
RSSフィード
TOP > スポンサー広告 > 5月の読書メーターTOP > 読書メーター > 5月の読書メーター

スポンサーサイト --.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の読書メーター 2009.06.01

5月の読書メーター
読んだ本の数:13冊
読んだページ数:3694ページ

とらドラ 10 (10) (電撃文庫 た 20-14)とらドラ 10 (10) (電撃文庫 た 20-14)
1.3hで読了。9巻からだいぶ間を空けて読んだので、展開を思い出すのに苦労した。どうしても主人公の感情に共感できなかったなー。消化不良に感じる部分も少しあった。
読了日:05月31日 著者:竹宮 ゆゆこ
さくらファミリア! 3 (3) (一迅社文庫 す 1-4)さくらファミリア! 3 (3) (一迅社文庫 す 1-4)
1時間強で読了。いろいろと怒られそうなネタが相変わらず多い。
読了日:05月31日 著者:杉井 光
ペンギン・サマー (一迅社文庫 む 1-1)ペンギン・サマー (一迅社文庫 む 1-1)
1.5hで読了。タイトルが『俺のペンギンがこんなに喋るわけがない』になたなくて本当に良かった。シナリオがとても良くできていて、最後の畳みかけがとても気持ちいい。キャラクター自身を深く掘り下げてはいないので、取っつきにくい人もいるかもしれないが、大森望の帯に惹かれた人なら買って損はないはず。良作。
読了日:05月28日 著者:六塚 光
タイム・スコップ! (一迅社文庫 す 2-1)タイム・スコップ! (一迅社文庫 す 2-1)
1.5hで読了。時間旅行物としては結構ツボを押さえていると思う。SFに慣れていない人は後半で置いてけぼりになるかも。面白かったけど、何か物足りない感じ。
読了日:05月26日 著者:菅沼 誠也
MIB (電撃文庫 (1755))MIB (電撃文庫 (1755))
1.2hで読了。ネタの発想はいいと思うのだが、それをうまく表現できていない気がする。ラブコメ要素に主軸を置きすぎて、全体的に危機感が薄くなっている気も。そして主人公のラストの行動には流石に驚いた。もう少しなにか起死回生の一手を打って欲しかった。
読了日:05月23日 著者:柏葉 空十郎
神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)神のまにまに!―カグツチ様の神芝居 (電撃文庫)
キャラ特化のラブコメ作品かと思ったら、予想以上に話が作られていて良かった。主人公が最近多いヘタレ男子学生キャラじゃなくて、成人男性を持ってきたのも良い。未解決のネタも多いし、これは是非ともシリーズ化していただきたい。良作。
読了日:05月22日 著者:山口 幸三郎
“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)“文学少女”と繋がれた愚者 (ファミ通文庫)
1時間強で読了。読んでおいて言うのもなんだけど、自分の好みには合わなかったかな。
読了日:05月19日 著者:野村 美月
世界平和は一家団欒のあとに 7 (7) (電撃文庫 は 9-7)世界平和は一家団欒のあとに 7 (7) (電撃文庫 は 9-7)
完全に刻人回だった。一時間強で読了。内容はいつも通り。彩美さんや両親たちが全く出てこなかったのは初めてかな。
読了日:05月19日 著者:橋本 和也
電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)電波女と青春男〈2〉 (電撃文庫)
とにかく7章にがつんとやられました。3hほどで読了。一冊丸ごと女々さんの為の巻だった。7章に、今までの入間氏の作品には無かった(と思う)清々しさが感じられた。こういう話がくるとは思わなかったので嬉しい誤算。これからの作品にも期待できそう。
読了日:05月18日 著者:
電波女と青春男 (電撃文庫)電波女と青春男 (電撃文庫)
2h強で読了。入間文体はやはり慣れないと読みにくい。主人公の青春ポイントはカンストしてるだろって程に羨ましい青春してる。小ネタはみーまーよりも多いかも。それにしても毎回絵師に恵まれてるな-。
読了日:05月14日 著者:入間 人間
紅‾醜悪祭 下 (4) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)紅‾醜悪祭 下 (4) (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-7)
発売された当時に叩かれた理由がようやくわかった。さすがに設定集はいらなかったかな。あっという間に読み終わってしまった。
読了日:05月12日 著者:片山 憲太郎
紅‾醜悪祭 上 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)紅‾醜悪祭 上 (集英社スーパーダッシュ文庫 か 9-6)
1時間強で読了。面白かったが、話がどうも単調になってきたような。あと薄い。
読了日:05月12日 著者:片山 憲太郎
紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)紅―ギロチン (集英社スーパーダッシュ文庫)
どう考えても真九郎はロリコンだと思います。
読了日:05月11日 著者:片山 憲太郎

読書メーター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
«  | ホーム |  »
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。